2005年秋

周囲の山の稜線が色づき始めました。

もうひとつのHN、「全力中年」の名に恥じない勢いでこの秋は撮り続けています。鉄道漢さん、ずしテンさん、terumiさんはじめ知り合うことのできた同好の士の方々の存在がすごく大きいようです。

a0020932_6293065.jpg


9月25日、石打-大沢間で。この背後、200メートルほどの陸橋上にずしテンさんが縦軸縦流しにスタンバっておられます。私はどうしてもススキと絡めてみたかったのでこの場所から。縦アングルを横にトリミングしてようやく落ち着きが出ました(爆)。原画はかなり間の抜けた構図でございます。参考出品? あるいは時事ネタってことで・・・。



迫力を高めるために、車両をあえて画面からハミ出させる撮影にハマっています。
あちこちで素晴らしいカットを拝見しているのですが、デジタルだったらその場で画像が確認できて便利でしょうね。下の2枚、2週間のタイムラグがありますが、いまだに試行錯誤中です。

<2005.9.23>
a0020932_7282556.jpg

<2005.10.8>
a0020932_7284560.jpg


場所はいずれも六日町駅1番線の長岡方。北越急行からJRへのポイントを渡ってくるので構図が難しいです。2枚並べてみて次回への課題は・・・。

75-300mmの目一杯テレ側で2枚とも撮っていますが、180か200mm位の焦点距離にしてシャッター位置をもっと手前にする。そうすればもう1,2両入って落ち着きが出そうです。
あとは先頭のどのように切り取るか、ですがボンネット車両はほんとに難しいですね。特に屋根上に飛び出したライトの扱いには悩みます。切り取ると昔の<あずさ>181系みたいになるし、スカートもタイミングを逸すると2枚目のように「かつての481赤スカート車」みたいに見えるし・・・。その道のオーソリティの皆さん、お知恵を拝借させて下さい!
[PR]
by y-gotosan | 2005-10-14 06:38 | 上撰 越乃白鷹
<< もうすぐ一年 晩秋 道東 >>