春をめざす旅 Ⅰ

a0020932_23134825.jpg


旅は山陰本線餘部、天空に架かるトレッスル橋から始まります。
前夜東京を<出雲3号>で出発。早暁の豊岡で鈍行列車に乗り換えて辿り着きました。雪晴れに恵まれた大鉄橋は雄大の一語に尽きました。

上から下から、好ましい小漁村をうろうろしたままのネガのどれをアップしようか、いまだに迷っていますが、まずは「いよッ!松風家~!」と声をかけたくなるような天井桟敷からのアングル。
鉄橋に降り積もった雪が振動でこぼれ落ちているのがおわかりですか?

千両役者<まつかぜ1号>、大阪から山陰を経て九州博多への長旅は、この橋を渡ることで第二幕の幕開けでしょうか。

<1985.1.10 山陰本線鎧-餘部>
[PR]
by y-gotosan | 2006-01-14 23:26 | 汽笛の風景
<< 春をめざす旅 Ⅱ ふぁいとぉ いっぱーつっ! >>