シュプールをきざむ

トマム、安比、蔵王、天元台、猪苗代、上越、草津、白馬、栂池、志賀、戸狩、野沢、妙高…。
スキー専用列車<シュプール号>が全盛時代の頃、首都圏から行けた山々です。

国鉄末期にバスツアーに対抗して登場し、JR各社に引き継がれた<シュプール号>は徐々に少なくなり、ついに2005-2006シーズンはJR西日本の関西-妙高系統1往復だけになってしまいました。既に4年程前に運転をやめてしまったJR東日本エリアでは、ほとんどのスノーエリアが新幹線でカバーできるようになったこと、そして民営化後はJRがみずから旅行業を立ち上げ、新幹線利用であろうと旧国鉄の運賃制度ではとてもムリだった低運賃を自由に設定できるようになったこともシュプール号という特別列車をあえて設ける必然性が薄れた理由に思えます。その他JRとしての理由はもろもろあるでしょうが、最大の理由はやはり猫も杓子もスキー場に押し寄せなくなったという冬の遊び方の大変化にありそうです。

・・・・・・12月の声を聞く頃リリースされるユーミンの新譜をカセットに落とし、神田小川町のスキーショップ街を徘徊していた恥ずかしいほどステレオタイプな自分の居た20年前の世情にこそ<シュプール号>は似つかわしい列車でした。新宿発トマムゆき<夢空間・北斗星トマムスキー>なんて列車はあの華やかで脆かった時代を映す鏡のような存在だったとぼくは思います。冒頭に挙げた山々の中にもバブル期に調子に乗って莫大な資金を投下してオープンしたあげくに破綻してしまったところがいくつもあります。。リゾートという夢のようなコトバに踊らされていたあの時代こそが異常だったのですが、自然を壊して作ってしまったスキー場を元の山に復元させるには作るときの何倍もの経費と、何十倍もの時間が必要です。

さて、1998-1999シーズンのカットを二葉お目にかけます。大船発小出ゆき<シュプール上越1号>は青森運転所の、神戸発・北越急行経由越後湯沢ゆき<シュプール野沢・苗場号>は向日町のそれぞれ583系がその勇姿を上越線に現していました。

a0020932_22135644.jpg

石打丸山スキー場をバックに石打駅を発車する<上越1号>、なぜ営業前の早朝なのにゲレンデのナイター照明が点いているかというと圧雪車による整備作業用照明としてであります(勤務者だから知っている・・・)。


a0020932_22142469.jpg

98-99シーズンの最終運転、たしか3月28日頃だったと思います。そばにめぼしいゲレンデはないのになぜか停車駅だった大沢を後にする<野沢・苗場号>。神戸から乗り換えなしでここまで来れる列車があった、ということに撮った本人が久々にポジを見て感無量状態。

あたたかな春雨が残雪を濡らして霧が立ち上る朝でした。先頭車両から女の子が2人下車しただけですぐの発車。雨に打たれながら長いホームを歩みはじめた彼女達を寝台電車の大柄な車体が見送りながら走り去ってゆきました。
[PR]
by y-gotosan | 2006-02-14 22:21 | 上撰 越乃白鷹
<< 春の朝 シンクロ (new arrange) >>