春の朝

a0020932_861884.jpg


知人からパソコンを譲り受けました。98搭載のバイオノートからXPのFMVへ。デスクにどかんと鎮座したタワーと15インチTFT、この存在感いいですね。色々なことができそうでこれからが楽しみです。データの引越しと環境を整えている間に更新が滞ってしまい、ごめんなさい。

3月ですね、気分的には完全に春です。2月10日ごろを境に気候はがらりと変わりました。気温が上がり降ってくるのは雨ばかりという2月は初めての経験です。平年より雪のピークが40日以上手前に来て、そのぶん早く終わってしまったようです。「平成18年豪雪」と気象庁は命名しましたが、トータルの積雪量はいつもの年とあまり変わらないのかもしれません。スタートは強烈だったけれどある意味、「短い冬」だったのかも。

路傍にふきのとうが芽吹いてきました。雪の壁もだいぶ低くなり、建物との間に隙間もできて閉ざされていた1階が日に日に明るさを増しています。きのうから久々に雪になりましたが地面に落ちるや消えてしまう紛れもない春の淡雪です。去年の豪雪の雪消えはゴールデンウィークになりましたけど、今年はもっと早くなりそう、と期待しています。

魚沼丘陵駅でほくほく線をアンダークロスする県道から六日町方面にカーブした線路を狙うこのアングルはぼくのお気に入りです。7年前の今頃撮りました。前夜の雪を朝日に巻き上げて疾走する<はくたか4号>。485の運用で、2本しかなかったこの編成が検査に入ればボンネットが代走する、という要注目列車でした。
[PR]
by y-gotosan | 2006-03-03 08:28 | 上撰 越乃白鷹
<< 叶わぬ再会 シュプールをきざむ >>