2005年 05月 24日 ( 1 )

トーキョー・トレイン

a0020932_220598.jpg

ギャラリー

a0020932_2212891.jpg

トーキョー・トレイン

a0020932_223169.jpg

グリーン&グリーン

a0020932_2233118.jpg

一心に

a0020932_2235058.jpg

グラス・シティ



出張で昨日、久々に東京に行ってきました。もともと生まれも育ちも東京なのですが、田舎暮らしが板についてきて、たまに出るとその変化に驚きます。僕にとっての東京は、ふるさとであると同時に鈍りがちな感性に喝!を入れる場所でもあります。

「ギャラリー」
20年以上前、「学生班」として小田急新宿駅に勤務していた頃からこの特急専用ホーム1・2番線の落ち着いた、でも明るい感じが好きでした。ラッキーにも新型ロマンスカーに出会え、嬉しかったです。背後にはこの電車をPRする大型パネルが設置されていましたが、なんだか近代アートの美術館のような雰囲気が感じられ、カメラもそんな趣きを伝えたいとした次第です。
ところが折悪しく相模大野で起きた人身事故のため、この電車は急遽運休。新型目当てのちびっ子が大泣きしていたのには同情あるのみ・・・。

「トーキョー・トレイン」
日中でもきっちり4分間隔で運行されているのに立ち客大勢、東京の凄さを象徴する山手線。そして東京中にあふれるスプレー落書き、最近は車庫でスタンバイ中の電車まで被害を受けたらしいですね。原宿~渋谷間での撮影です。

「グリーン&グリーン」
これも渋谷、街路樹のみごとな明治通り宮下公園わきの歩道橋から。街路樹も大きくなる、という当たり前のことが新鮮な発見だったりします。そういえば原宿駅前の歩道橋からかつてはトンガリ帽子の駅舎を前景に代々木方面からやってくる電車を見ることができましたが、いまは成長した街路樹に遮られて見ることはできません。

「一心に」
銀色の電車ばかりになりました。軽量化と塗装の手間を省く目的で、いまやペンキ塗りの電車はオレンジ色の中央線快速だけといってもいい状況。ステンレスカーのハシリ的な存在の211系湘南電車がきょうも一心に飛ばしている浜松町のヌシを横目に走り抜けます。

「グラス・シティ」
有楽町の西銀座寄りです。ガラスの中を走る電車だけを撮ってみるのも線路際までさまざまな建物がびっしり建てこむ東京ならでは・・・で面白そうです。東海道新幹線「ひかり421号」が大阪への旅に一歩踏み出したところ。
[PR]
by y-gotosan | 2005-05-24 23:06 | 汽笛の風景