2005年 11月 11日 ( 1 )

トーキョー・トレインⅡ

① <能登>上る
a0020932_2301691.jpg



② めざめたりねむったり
a0020932_23111568.jpg



③ <北陸>も上る
a0020932_231581.jpg



④ スカイライン
a0020932_23122751.jpg


「イイ娘、入りましたヨ・・・」「のぞいてきませんか・・・」「写真だけでも・・・」「見るだけならタダ・・・」。そうした無数のお誘いを辞退して「ものさく」の反省会を催した西川口、さすが伝統のフーゾクの街。でも買い物帰りのママチャリが行き交う住宅街でもあります。
店先で焼き鳥を焼くお兄さんをカウンターの奥から何とはなしに眺めていると、そのうしろを短い汽笛を鳴らして特徴ある窓明りの列・・・<北斗星3号>が流れてゆきました。・・・至福のひとときですね。

この4枚は西川口-蕨での撮影です。
①は<はくたか>でおなじみのボンネット車両唯一の定期運行列車である金沢発上野ゆき<能登>。朝焼けが素敵だったので後追いになりました。
②まだ夜の西川口ラブホテル群を駆け抜ける・・・。このタイトル、ちょっと意味深だったでしょうか(笑)。
③はパンタグラフに焦点が行ってしまった失敗作ですが、ご笑覧を。
④はビルの稜線の影が徐々に短くなってゆくのがおもしろくて、「スカイライン」というタイトルをつけてみました。こうしてみるとトーキョーの鉄道はビルの山脈を潤おす渓谷の流れのようですね。



⑤ Pleased meet "TX".
a0020932_23172840.jpg



⑥ ひなたぼっこ
a0020932_23172318.jpg



⑦ 新線
a0020932_23205110.jpg


昼休みは江戸川河川敷にクルマを止めて・・・。
地図とにらめっこして「つくばエクスプレス」の線路端に行ってしまいました。

トーキョーの東側のビッグプロジェクトは京葉線にせよ東武の複々線にせよ、あるいは外環自動車道や首都高の中央環状線にしてもスグに出来てしまうな、という印象があります。小田急の複々線など計画が具体化して40年経つのにいまだに未完、外環の大泉以西に至っては開通時期はまったく不明という状態を思えば、TXこと「つくばエクスプレス」はホント凄いです。秋葉原から地下を走って南千住で地上に現れますが、TXのスペースをひねり出すために常磐線が線路付け替えなどの準備工事を始めたのはほんの7,8年前のこと。全長60キロ近い新鉄道がわずか10年足らずで出来てしまったのにはまったく驚きました。

だから車両のみならず構造物すべてがまだピカピカです。高架下もまるで模型のレイアウトのそれのようにキレイです。落書きはないし、雑草すら生えていません。青空の下延々と続く防音壁を見ているうちに、よくポスターなんかで見かけるエーゲ海の紺碧と純白の家並みの鮮烈な風景が頭をよぎり、あのイメージでつくばエクスプレスを眺めてみました。ありていに言えばまだ汚れていない構造物をメインにして電車が上半分しか見えない難点をカバーしてみたつもりです。また電車狙いに訪問せねば・・・。

⑤から⑦は全て三郷中央-南流山、江戸川橋梁の流山側での撮影です。

橋をしばらく眺めているうちにゆるくS字カーブを描いていることに気が付きました。埼玉県側のカーブが橋梁まで食い込んでしまったので緩和曲線を入れてS字にしたのでしょうかね。美しくみえる視点を探してみるのもたのしく、なにげに優雅な橋です。
[PR]
by y-gotosan | 2005-11-11 00:05 | 汽笛の風景