2005年 11月 20日 ( 1 )

一瞬のひだまり

金・土曜と東京に行ってました。関越トンネルを抜けて群馬側に出た瞬間は、9日ぶりに「乾いた道」を走り出す瞬間でもありました。

今年は冬の訪れが早いように思えます。降り続く雨は日に日に冷たさを増し里に雪が下りてくるのは時間の問題、周囲の山の白い部分がだんだん低くなって来て冬の包囲網がじわじわとせばまっているのを実感する今日この頃です。

街も慌しさをいちだんと増して来ました。ホームセンターの資材運搬用に無料で貸してくれるトラックはフル回転。大型スーパーもなにやら買いだめする人で大賑わい。昔ほどは物心両面ともに「閉ざされ」てしまう状況ではないはずですが、それでも大きな樽に大根や野沢菜を漬け込む、ミカンを箱で買う、塩鮭を1尾買う・・・。

迫り来る冬を前に陽だまりが恋しいです。いま週間予報を見ましたが明日午前中に晴れ間がのぞくだけで、向こう1週間すべて傘マーク。

撮影気分ではありません。

これは4年前の勤労感謝の日。消えてしまったボンネット車両がかつての<白山>の塗装だった時代。

a0020932_1937485.jpg

<2001.11.23 十日町-まつだい>
[PR]
by y-gotosan | 2005-11-20 19:38 | 上撰 越乃白鷹