「ほっ」と。キャンペーン

ふぁいとぉ いっぱーつっ!

a0020932_23271974.jpg


遅ればせながら新年、おめでとうございます。

1週間屋根の雪下ろしをしないでいたら暮れも押し迫った30日に大家さんから「何とかしてくれ」と電話が入り、慌てて会社の若い衆で雪下ろしをバイトにしている連中に依頼しました。大晦日と元日、2日間にわたり仕事帰りの夕方6時過ぎから本当にご苦労様ではありましたが、

3人×5時間半×時給3000円・・・

FinePix S5200が買えたではないか!!

このままでは雪で身上つぶしてしまう、とばかり今日は半日会社を休んで意を決して屋根に上がりました。既に下ろした雪の山は2階の窓を覆い隠そうとしていますので高さの恐怖はあまりない上に、降って間もない雪は軽いため、スノーダンプでさくっと切ってはすっと落とすことができ初心者にも何とかなりました。が、要領の悪さはいかんともしがたく明日午前中で何とか終わらせたいのですが少し微妙です。

388センチ。今夜9時の津南での積雪です。観測史上最高ということで一躍全国ニュースのトップに踊り出たその町は当地から30キロほど。南魚沼市も負けてはいません。石打駅近くで電車が線路上の雪に乗り上げて脱線したのはおととい夕方のことでした。あの夜は猛吹雪。視界がふさがれクルマを止めてしまったのは初の経験でした。帰省のUターンとも重なって関越も17号も大渋滞。ふだんなら10分とかからない越後湯沢-石打間約6キロを通過するのに5時間もかかる始末。
当スキー場でも上部のリフトでは椅子が通過する下を掘っておかないとスキーやボードがもぐりこんでしまう状態になりつつあるようで、このまま降り続けばリフトすらも春の立山の風物詩「雪の回廊」と化してしまいそうです。じっさいそれが冗談では済まされないレベルの異常降雪となっています。

スキー場業界の端くれながら「スキー場さえなければ災害救助法を適用させて自衛隊に来てもらって除雪作業をしてもらえるかもしれないのに」と切実に思います。きょう、長野と石川で独居老人のお宅が屋根雪で押し潰されるという事故が2件立て続けに起きましたがまったく他人事ではありません。これが雨だったら災害としてニュースになるのに、一部のニュース番組は388センチとは・・・などとスタジオにその高さを示すスケールを持ち込んだりして面白がっている気配が見え見えでじつに不愉快でした。はっきりいって災害なのに。

当地で冬場、ケース単位で売れまくるのがタイトルのキャッチで誰もが知ってるあの小瓶です。
屋根の上で、庭先で誰もが疲れながらもやめられない作業に追いまくられています。負けるわけにはいきませんから。

元気がほしい。
屋根を心配せずに寝坊したい。
雪のないところに行きたい。

正月気分は元旦のバカみたいに分厚い新聞に感じただけでした。あしたも頑張りましょう。
[PR]
# by y-gotosan | 2006-01-06 00:15 | 上撰 越乃白鷹

聖夜が明けて

2005年12月25日、クリスマスの朝、久々に陽射しが戻った六日町。
日曜とあって、早速うずたかく積もった雪の始末に追われるご近所に遠慮しつつちょいと近くの踏切にお散歩がてら行ってきました。

a0020932_03014100.jpg


a0020932_0304069.jpg


a0020932_031463.jpg


とてつもない豪雪となった2005年12月の記録でもあります。

本年も多くの方にご覧いただきありがとうございました。
雪に明け暮れる生活にバテ気味ですが、また2006年もよろしくお願いします。

よい新年を!
[PR]
# by y-gotosan | 2005-12-31 00:35 | 上撰 越乃白鷹

冬の旅Ⅳ  ~雪夜

2005年もあと2日で終わり。更新が滞りがちなのにもかかわらず弊ブログは今週はじめに5000hits達成。いつも遊びにおいでいただく皆さんに深く感謝しつつ、慌しい中でひさびさの更新です。

また明日夕方から暴風雪の予報です。
道路は両側が3m近い雪壁に閉ざされた回廊と化しました。走りなれているはずなのに風景が消滅し、普段ならよく見えるラーメン屋の込み具合もわからなくなってしまいました。我が家も含めて1階は完全に雪に埋もれ、きょう張り切って屋根の雪掘りをしたお宅では屋根はすっきりしたものの2階が半分ほど見えなくなっています。いったいいつまで降り続くのでしょう。
今年の1月下旬から2月中旬にかけてもそれはものすごい豪雪でしたが、日がいくらかは長くなっていたし、でそれに暦の上では「立春」前後の時期でしたのでまだ救いがありましたが、今回はこれからが「大寒」じゃないか!
・・・うんざりを通り越して恐ろしくなってきます。NHKお昼のニュースの冒頭いつも出てくるドピーカンの西新宿摩天楼群にコタツのみかんを投げつけたくなります。

でもまだあの旅は終わっていませんでした。
雪のある夜景を選んでみました。


a0020932_23554826.jpg

<1986.12.30 函館本線仁山信号場 光跡は函館ゆき北斗86号>

a0020932_0133597.jpg

<1985.1.14 函館山より函館駅を望む>

この旅の際には函館山々上で新年を迎えました。連絡船も含めて港内に居合わせた船が午前0時を期していっせいに汽笛を吹き鳴らし、寒さを忘れて感激したことを思い出します。でもそのときの写真はブれているため、その前年の黄昏時の撮影のものでご勘弁ください。連絡船は十和田丸、おりしもこの便に接続する特急列車が函館駅に接近中です。
[PR]
# by y-gotosan | 2005-12-30 00:11 | 汽笛の風景